読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRIPMAN

ようこそ!TRIPMANブログへ!本当に有益でなるほど!な情報をお届けします!ジャンルは様々です!シェアまたはブックマークおねがいします!

【最速評価点】W杯最終予選、日本vsサウジアラビア

 

GK
西川周作5.5

立ち上がりの不安定さが際立った。

DF
長友佑都5.5

積極的なディフェンス。しかし攻撃面では目立たず。
森重真人 6.5

積極的な守備。足元の技術のうまさによる安定感。
酒井宏樹 6.0 

献身的な守備が目立った。攻撃面ではクロスはいまいち。
吉田麻也 5.5 

しばしばディフェンス面で怖い場面があった。ヘディングでチャンスメイク。

MF
清武弘嗣 6.5

ボールさばきは代表ピカイチ。PKを誘い込み先制点を叩き込む。
山口蛍 6.0

守備は完璧だったがその後の組み立てがいまいち。
長谷部誠 5.5

全体的なバランスをとるのに長けていたが、ボランチ二枚が剥がされる場面が見受けられた。

FW
原口元気 6.0

攻撃参加もゴールには結びつかないと思われたが、追加点を叩き込む。
大迫勇也 7.5

今までの日本にはないスタイルのボールキープ。チャンスメイクを再三創り出した。間違いなくMOMだ。
久保裕也 5.5

立ち上がりこそ良かったものの決定機で決めきれず。前半で交代。

交代枠

本田圭佑 4.5

守備では2歩遅いディフェンスで攻め込まれる。攻撃面では試合勘の薄さが際立った。

岡崎慎司 -

香川真司 5.0

得点に絡んだように見えたのは事実。しかし香川の考えとは違ったプレーであったはず。

ハリル 6.0

言うことはほぼなし。しかしハーフタイムの喧嘩はNG!