読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRIPMAN

ようこそ!TRIPMANブログへ!本当に有益でなるほど!な情報をお届けします!ジャンルは様々です!シェアまたはブックマークおねがいします!

世の中はイライラで成り立っている。

こんにちは。

朝電車に乗る。

昼仕事する。

夜家に帰る。

というルーティンの生活の方いらっしゃいますよね?

じつはですね。この世の中を成り立たせているのはイライラなんです。つまりストレス。

無意識にイライラする。ということを、

色々事例を紹介したいと思います。

①朝の電車

駅へ迎えにいく前にあるいていく場合、寒いなぁ!ここでイライラします。暑い場合、あついねん!でイライラしています。また、そして改札。改札に並ぶ早く行けよって言うイライラ。

そして階段、あーしんどイライラ。イライラした感情がやはり出てくる率は大きい。

電車内では譲り合ってくれない。満員電車イライラ。

②会社内

朝デスクに着く。同僚の話し声聞こえてくるのは自慢話を豪語する。それを聞く側はなんだよ。いちいち言わなくても。というイライラ。

 終わりそうで終わらない仕事にイライラ。

終わらない一時時間。

さてここまで朝から昼までイライラですね。

③帰宅

仕事もおわり、さて帰ろう。

会社のエレベーターを待つ。

間違えて上行きのエレベーターに乗ってしまい、イライラ。

さて駅に着く。電車に乗る、比較的空いていたので間の空いてる席に座るが、両サイドのサラリーマンと足が前のめり学生は避ける動きもしない。イライラ。

さて帰宅をする。しかしご飯を作らなきゃ行けない…。はぁ〜〜。

シャワーを浴びる。1日を思い返す。

そして寝る。

まとめ

えーと彼らを解消するには自分は他人に気を使えることが重要です。それと物事をおおらかに捉えることです。

以上!!

【最速評価点】W杯最終予選、日本vsサウジアラビア

 

GK
西川周作5.5

立ち上がりの不安定さが際立った。

DF
長友佑都5.5

積極的なディフェンス。しかし攻撃面では目立たず。
森重真人 6.5

積極的な守備。足元の技術のうまさによる安定感。
酒井宏樹 6.0 

献身的な守備が目立った。攻撃面ではクロスはいまいち。
吉田麻也 5.5 

しばしばディフェンス面で怖い場面があった。ヘディングでチャンスメイク。

MF
清武弘嗣 6.5

ボールさばきは代表ピカイチ。PKを誘い込み先制点を叩き込む。
山口蛍 6.0

守備は完璧だったがその後の組み立てがいまいち。
長谷部誠 5.5

全体的なバランスをとるのに長けていたが、ボランチ二枚が剥がされる場面が見受けられた。

FW
原口元気 6.0

攻撃参加もゴールには結びつかないと思われたが、追加点を叩き込む。
大迫勇也 7.5

今までの日本にはないスタイルのボールキープ。チャンスメイクを再三創り出した。間違いなくMOMだ。
久保裕也 5.5

立ち上がりこそ良かったものの決定機で決めきれず。前半で交代。

交代枠

本田圭佑 4.5

守備では2歩遅いディフェンスで攻め込まれる。攻撃面では試合勘の薄さが際立った。

岡崎慎司 -

香川真司 5.0

得点に絡んだように見えたのは事実。しかし香川の考えとは違ったプレーであったはず。

ハリル 6.0

言うことはほぼなし。しかしハーフタイムの喧嘩はNG!

(社会人・学生向け)大学生になって気づく3つのこと。

夢の大学生!

とみなさんはキャンパスライフを送りたい!と感じている方もいると思います。

実際に感じた感想を述べてみたいとおもいます。

①自由

 とりあえず大学生は自由です。授業に出る出ないは自分で決められる。それは逆を言うと生活が乱れてしまう場合もあります。実際に私の周りにも大学に来なくなったみたいな人を知っています。自由さがもたらす危険とも言えるでしょうね。

 ただメリットもあります。それは授業の組み方も自分次第です。極端なことを言うと大学生で助けてくれるのは友達だけですね。直接先生と話す機会なんてほとんどありません。

②友達の種類

 大学ともなると日本全国から学生が集まってきます。

地方でなまりがあるように人の種類は様々です。

住んでいた場所によってノリも違うし気が合わないなって感じる場合もあるとは思います。しかし大学ではもちろん気の合う仲間も絶対にいます。同じ趣味のサークルの人などがやはり仲良くなる傾向がありますね。サークルには入っていない!バイト!って人もいますがお金は社会人になってからでも十分に稼ぐことができます。

今ある状況を大切にすることが大切です。

③単位

 大学を卒業するには?単位が必要です。

1回生からだれて大学に行かなくなると単位を落としてしまします。

しかしここから負の連鎖です。

それは同時に友達も失ってしまうことです。

なぜか?

友達Aは必修科目に合格!でもBは落ちた!となるとBはもう一度再履修を課せられます。よって全て受ける授業がズレてきてしまいます。それは非常に危険です。

絶対に気をつけておきましょう。 

【恐怖】税金がなくなると起きること

①火災発生時に消化できない

普段払っている税金は公共施設などに提供されているわけですよね?

消防署ももちろんそうゆうことです。

②公道を私有化する人たちの登場

はいここから通行料800円ね。などのように勝手に料金所などを設けてお金を取る人が発生。

また道路が陥没などしても、直す人はいません。

③ゴミの収集

ゴミ収集は公共施設なので、だれもやってくれません。街中異臭になってしまいます。そんなときに消臭力!とはいかなそうですね。

④救急車来ない

まぁこれも同様ですよね。

救急車がこないと致命的。

まとめ

以上より税金がないと国は成り立っていきません。

【炎上】テラスハウス・アロハステートの問題点

本日第3話を迎えたテラスハウス・アロハステート

f:id:enjoyUSJ:20161115013624j:image

早速問題が山積み!?!?

メンバーは6人!います。

メンバー紹介は省きます。

今回の問題点。

あるときウクレレボーイ以外の男たちが、女性陣をサーフィンに誘います。

まぁここまでは良かったんです。

しかし海の視点へ!

あー楽しそうな映像と思った矢先…

ご飯を食べるシーンへ移ります。

そこで、ハワイなのに唐揚げ弁当を食べています笑!

f:id:enjoyUSJ:20161115014039j:image

そこで、なおみの顔に陰りが…

サーフィンできず楽しくなかったそうです。

しかし男子は執拗にサーフィンに誘います。

そして隠れてこう話していたそうです。

なおみはサーフィンができないから、ローレン相手しといてあげてくれない?っていったそうです。それにメンバーブチ切れ!

その波乱な展開で扉がバタン!

次週に注目!

「便利!」本当に買っておきたいユニクロアイテム5選!

第1位

ウルトラライトダウンジャケット

なんといっても収納できることが便利!

超縮小できちゃいます!

また豊富なカラーバリエーションも充実!

f:id:enjoyUSJ:20161114173219j:image

第2位

ヒートテック

さて今年もやってきました冬。

こんな季節にはヒートテックはかかせませんよね?

今年はなんと、椿オイルからアルガンオイルに変更したことによってさらにパワーアップ!

極暖ならもう冬なんてへっちゃら?

f:id:enjoyUSJ:20161114173308j:image

第3位

ワンデイパック

これはじつは空港や駅のUNIQLOにしかないんですよねー。

パックのシャツ+ソックス+パンツ

で1390円!税込です。

お得お得!!!!

裏技ですね!

第4位

ライトポケッタブルパーカー

これはですね。カラーバリエーションが実に豊富!

ちょっとしたランニングに出かけようかな?

あ、かいものにいこう!

なんてとかに最適。

デザイン性にも優れ外観はバッチリ!

f:id:enjoyUSJ:20161114173347j:image

第5位

あ、いきなり雨が降ってきた…!

そんなときはユニクロ

お店にふらっと立ち寄ると肩を並べるコンパクトアンブレラの集団。

種類は様々!

その場しのぎいがいにもつかえそう…

仲良くない人に気を使ってしまう2つの真実!!

エートコンチはTRIPMANです!

今回のテーマ見てもらうとわかるんですが、この手の話はよくあることですよね。

A「私、あのこと気使うから二人は・・・」

B「そうなんだ(いやいや私はそうでもない。。。。)」

みたいなことは実際に起こりえます。

そんな時の原因を二つ取り上げます。

①単純に話と性格が合わない

十人十色という言葉があるように、人にはそれぞれ性格が違います。

ここで大まかな性格を幾つか取り上げます。

過激派:いつもチャラチャラすぐに喧嘩する系

思い込み出来過ぎ:完璧主義を装って俯瞰している人

癒し系:人の話を聞けて受け答えできる人

読書系:いわゆる本が好きな人

まぁざっとこんな感じですよね。

おそらく過激派と過激派は性格が合わないことが多々ある。

その他も然りだが、おそらくは自分にないものを持っているもの同士のほうがおそらくはマッチする。その代表例がいじられといじる側のコンビですね。

②シャイ

根本的にシャイな性格で人と話すのが苦手な人もいる。そんな人は一人の人と話すのに非常に時間がかかる。だからなかなか仲良くなれないのが現実である。そんな時にはやはり笑っておくことが大事である。